結婚相手に最適な男を見極める方法

Author: 断トツ委員会

イメージではなくはっきりとした「理想」を持つ

なかなか結婚できないということを相談すると「理想が高いのでは?」と返されることが多いのではないでしょうか。

けれども実は、理想が高いこと自体は悪いことではありません。

はじめから妥協する気持ちですすめる結婚は、失敗に終わる可能性が高いからです。

高い理想のもとに出会った相手と、関係が深まるうちに妥協点をみつけていく、というのが結婚における理想と妥協の正しい位置といえます。

男性を探す女性

「理想の男性に出会えない」という方に多いケースは「理想が高い」というより「理想がはっきりしていない」です。

「なんとなくこんな感じ」「年収は雑誌のセレブ奥様がいっていた1千万円以上」など、漠然と理想像を描いてはいませんか?

根拠のない理想を持っていると、実際にそれに近い男性が現れたとしても、「イメージと違う」というだけで心が承認を拒否してしまいます。

理想を持つのはかまいません。

ですが、ぼんやりと高い理想を設定しないこと。

例えば「優しい」という条件なら、もっと具体的に、子どもに優しい、女性の仕事に理解がある、家事分担に積極的、両親を大事にしている、など詳細に自分の考えをまとめてみましょう。

理想が具体化されていると、妥協点の発見も根拠に基づいたものになるので、結婚に結びつきやすくなるのです。

 

生活力がある男かどうか!?

独り立ちした男性

私が結婚したい男性は、親離れ・子離れしている家庭の人です。

以前結婚を前提に真剣に付き合っていた大学時代からの先輩がいましたが、うまくいかず結局結婚をやめたことがあります。

その理由は、彼のお母さんがあまりにも子離れしていなかったからです。

彼がひとり息子ということもあったのでしょうが、なにかにつけ息子をかまいすぎていました。

彼も彼で自分の母親がいろいろ面倒を見てくれることを当然のように思っているところがあり、そんな様子を見ていると、私はこの人たちとは家族になれないと思ったものです。

だから母子関係が親離れ、子離れをしっかりしていることが現在私が結婚相手に求める第一条件です。

 

そしてこういう時代だからこそ生活力のある人がいいです。

自分で道を切り開こうとするエネルギーを感じられる人は尊敬しますし、ずっと一緒に暮らしたいと思えます。

 

私は子供のころ両親が離婚していてあまり幸せな家庭環境ではありませんでした。

原因は父に家族を養う生活力が不足していたからです。

生活費はそっちのけで、自分の遊びに給料を使って大きな顔をしている父が嫌いでした。

母はどうしてこんな男と結婚したんだろうとずっと思っていたので、離婚が決まったときには妙に納得したものです。

そんな過去があるため、旦那さんとは心が通じ合った、互いに思いやりのある、そして元気な子供たちがいる笑いの耐えない家庭を築きたいです。

そういう男性を探すために婚活サイトで婚活を頑張っています。

婚活サイトではメールでのやりとりからスタートするので、なかなか本質を見抜くのは難しいです。

だから、最初に会うことになった時が結構勝負うだったりします。

あんまりタイプじゃない人だと、1回きりということもあります。

それだけに会員数の多い婚活サイトがオススメなんです。

比較サイトで会員数や料金の違いを見比べてみるのがいいでしょう。

私が利用している比較サイトはコチラです。>>婚活サイト比較

とにかくいろいろと試してみるのがいいと思います。

 

 

マイナスで考えるのではなくプラスで考える

理想の男性と結婚したいという気持ちは誰もが持っているものです。

男性を見極める

例えばある男性に出会ったとします。

この人は自分の理想の男性かどうか見極めようとすると思いますが、その時マイナス勘定になっていませんか?

理想の項目があって、それに見合っているかチェックをしていくと、ここもダメこれもダメ、理想には当てはまらないとマイナスに考えてしまっているかも知れません。

そうではなくて、プラス勘定で考えましょう。

この人にはこんないい所があるんだ、こういう考え方好きだななど、その人のプラスとなる一面を探すのです。

 

最初の段階で、マイナス面に目を向けるのはやめましょう。

せっかくのチャンスを自分で逃していることにもなります。

もちろん生理的に受け付けない場合もあるでしょう。

そういう場合は仕方ありませんが、誰にでも良い一面はあるものです。

プラス面をたくさん持っている人とお付き合いすればうまくいくと思います。

年収、見た目だけではなく、人としての中身はとても大切です。

人として尊敬できるか誰に対しても同じ態度で接しているかなど、その人となりを見たときに、自分がここだけは譲れないという部分があると思います。

絶対に譲れない部分のみを残して相手を見るようにすると理想とまではいきませんが、素敵なお付き合い、そして結婚が出来ると思います。

 

ひとつを譲る気持ちで男性を見極める

理想の男性が見つからないと感じている理由はどこでしょうか。

今まで出会って来た男性のどこに不満な点があったのでしょうか。

年収が低い、顔やスタイルが好みではない、学歴がない、親とうまくいかない、性格が合わないなど色々とあると思います。

しかし、全てを満たして全て自分の思い通りにしてくれる男性などこの世の中には居ないと考えた方が良いでしょう。

最適な男性

どの女性も多少の点は我慢をしていて、譲れない部分だけを満たしてくれている男性を選んで結婚しています。

全てを満たす男性はいないものの、自分のこれだけは譲れないという点を1点に絞れば今まで結婚に至らなかった男性も結婚の対象として入って来るのではないかと思います。

年収が高ければ見た目は気にしない、優しければ年収は気にしない、顔が良ければ多少性格が悪くても気にしない、自分と趣味さえあって楽しく過ごせれば親との同居でも気にならないなどひとつを譲らずひとつを譲れば良いのです。

全てを満たす理想の男性をずっと待っているのであれば、その男性にとって自分も全てを満たす理想の女性でなければいけません。

知力、財力、美貌を兼ね備えて性格が良くて気取らないで仕事も出来るのに家事が得意でという女性などこの世に居ないと考える女性が多いのではないでしょうか。

男性から言えば年収が高くて見た目が良くて性格が良くて気取らない男性などこの世に居ないと思っているのです。

 

理想が高すぎると男性には高飛車に映り、結婚してみたら良い人だと感じたかもしれない男性との出会いを自分でダメにしてしまっている可能性があります。

ひとつを譲らずひとつを譲る気持ちで男性を見極めてみてはいかがでしょうか。

 

30代前半で結婚するはずが・・・

幸せな二人30代前半で結婚して子供も産みたいなと期待していましたが、結婚を前提にお付き合いする人も見つからないまま40歳が近付いてきました。そこまでにも結婚したいと思える人ともあったのですがダメでした。夫婦になったものの離婚することになったということであればある程度は結婚できる可能性が予想できますが、ずっと独り者の人は人には言えない欠点でも抱えているのではないかと思わずにはいられません。

ネット婚活では、仲介人と呼ばれる専門家がお助けしてくれる点も特徴です。それまで交際経験のない人は、何を話せばいいのか正解が分からないのでありがたいです。未婚者が交流する場にいって初対面の人と知り合えることがドキドキしたのですが、結婚を意識すると張り合いがなくて、意中の人からアプローチされることは叶いませんでした。

 

婚活サービスでは、安心感のあるサポートをしてくれ明確なアドバイスなどもしてくれます。結婚したいタイプが決められない場合は、救ってくれたりとたくさんのサービスを利用できるのが特徴となっています。婚活パーティーでは男女比が調整してあるので、不参加が出ると困難な事態になることが考えられます。予定を合わせることを決めてから申し込みをしないととんでもないことになりかねません。

結婚を決められない理由として、年収が低い、アルバイトなので不安定な収入、人見知りで出会いがない、扶養家族ができたら経済的に不安など、リアルなことが原因として結婚に迷っているようです。結婚できる確率については、婚活サービスに料金を支払っていることが好影響を与えています。通常は自己負担で活動すると、どうにかしてミスしないように行動するパターンがあります。

 

都心部では続けて結婚しない人が伸びています。今のままだと独り身の男女が伸び続け、多くが独り身のまま結婚するタイミングを過ぎ去ってしまう人が増していく可能性があるかもしれません。婚活サービスの良い所は何かというと、大きなポイントは相手も将来のパートナーを見つけようとしている点です。大体の場合は好きな人ができても決まった相手がいるなどお誘いできないことが多いんですよね。

積極的に交際相手を捜している人は、婚活サービスを利用してみるといいです。結婚情報サービスでは婚活サポートを提供しており、そういった機会で知り合ったケースも多く、成婚率を上げる要因となっているようです。婚活サービスのトラブルで多いのは、相手が結婚詐欺の疑いがある例もあります。売り込み目的だったり、支援をお願いしておいてお金が使えなくなると絶交するという人も存在します。

グループ交際の彼にやっと告白しました。

私が20代後半のころのことです。

恋人を欲しがっていた友人が合コンを企画して、隣の会社の人などを集めて6人くらいで会いました。

私も失恋して間もなかったのであまり乗り気ではなかたのですが参加しました。

合コン

その中に笑顔の素敵な人がいて何となく気になりました。

最初は友人の彼氏づくりのつもりだったので行く末を見守る形で何となくグループ交際のように遊びにいくようになりました。

でもみなお目当てがいるので私はちょっと気が重かったです。

前の彼の事を引きずっていたし、すぐに誰かという気にもなれなかったので。

 

それでもその彼が何となく気になってので誘われると一緒に出かけました。

そんなある時友人がその彼のことが好きだと言ってきました。

私はそれなら仕方ないかなと思いそのまま過ごしていました。

でも何となく彼は彼女のことが好きではないような気がしていました。

でも彼女は彼に告白してOKをもらったらしく付き合いはじめましたようでした。

それからは会わなくなり何カ月か過ぎたころ急に彼から電話がありました。

たわいもない話で盛り上がり長電話をしてしまいました。

その時私は彼が好きなんだなと思いだしました。

 

そして次の日会って告白しました。

すると実は彼も私の事が好きだったとのこと、友人に告白されて付き合ってみたけれど私のことが思いだされて電話をしてきたらしいです。

友人も実は私たちの様子に気がついて焦って告白したようでした。

ちょっと回り道をした出会いでした。

その後、その友達は新しい恋を始めるために高い婚活費用を出して、結婚相談所に登録したと聞きました。

なんか悪いことしたなぁ~って思いつつも、自分の気持ちに正直になれたことは良かったと思っています。

Copyright © 2019 結婚相手に最適な男を見極める方法

Theme by Anders NorenUp ↑